文章

 ブログを書くと決めたけれど、私は自分の文章があまり好きじゃない。自分の作品説明のために今までも文章は書いてきたけれど、昔の自分の文章を見ると本当恥ずかしくて辛い。一生懸命頑張って無理しているのが痛々しいなと思う。だからここではもっと緩く、日記のように日々思ったことを書いて、そんな中から私の絵が生まれていることが伝えられたらいいな、と思う。

 今、不忍画廊で開催している「線の芸術・Ⅱ」(2/4~23)でも線に対するコメントを求められた。ドローイングと一緒にその言葉も壁面にある。私なりに一生懸命書いたつもりだったけれど、実際の絵と並べたその言葉、はっきり言って全然分からないよね、と思った。なんだか当たり前すぎることしか書けなかった。9日に在廊していたので、絵の前に立ち止まってくれた方には言葉で今どんな事を思っているのかお話させてもらえたけれど、私がいない事がほとんどなので、やはりその穴を埋めるのは難しい。次の夏の個展に向けて考えているテーマの断片であるドローイングだし、それだけ見ても?だと思う。私自身も、もや〜っと霞んでいるイメージを言葉にするのは難しい。

 絵を見てくれる方にもっとちゃんと伝わる方法を考えないといけないな。このブログもその一環です。この「線の芸術・Ⅱ」は最終日23日も在廊するので、絵だけでなく、言葉の向上も目指したいと思います。